JGCプレミアの修業を再開しよう!

JGCプレミアの修業を再開しよう!

2015年以降、DIA等のステータスからは、遠ざかっていたのですが、

ある情報を聞きました。

 

良い情報

・2年に1度の修行で、JGCプレミア(以後JGP)を維持できるらしい。

・年間15万程度で維持できる(2年で30万程度)

・マレーシア発券のプレミアムエコノミー(以後プレエコ)が安い。

・国際線の航空券の国内線区間は、どんな運賃でもマイルが100%付く。

・現在、マレーシア行きのビジネスクラスが安い。

 

悪い情報

・2020年9月からプレエコのマイル加算率が、100%から70%にダウンする。

・2021年2月1日から国内線区間も、国際線と同じ加算率になる。

・FOP2倍キャンペーンが、1.5倍に変わってしまった。

いつまで続くかは不明

なぜ維持したいか?

JGCでも十分かと思っていたけれど、やはり貯まるマイル数、ラウンジ、

優先レーンなど、一回体験すると欲しくなってくるね・・・

毎年修行してた時は、100万ほど使って、貯まったマイルでファーストクラス乗れるなら、

安いもんだと思っていたけれども。

年間15万程度で維持できるなら、持っておきたい!

 

新規は、普通にJGPなり、ダイアになっておく必要がある。

これから書く方法は、あくまで「維持」のみの値段です。

全くの新規の方は、初年度は普通にFOP単価7-10円ほどで80000FOPまたは100000FOP

稼ぐ必要があるので、56-80万もしくは、70-100万程度見ておいてください。

 

どうして、2年に一度の修業で維持できるのか?

それは、FOPの計算時期と、会員の期間が違うために起こっています。

通常FOPは1月1日から12月31日までですが、会員期間の計算は、

年度単位で行っています。

つまり、4月1日から3月31日

JALのホームページで確認すると、

基準に達した1週間後より翌々年3月までサービスを利用できます。

 

つまり、FOPの計算は、12月31日までだけど、会員は、3月31日まで有効で、

サービスを使い続けても良いってことです。

12月31日までに、基準に達していると、4月から正式なサービスが始まるっていう仕組みですね。

 

どうすればいいか?

1月1日から3月31日までの間に、80000なり100000FOPを稼ぐことにより、

2年に一回の修行で維持できます。

2020年3月までに80000FOP達成すると、事前サービスが始まります。

2021年4月から本サービスが始まり、2022年3月まで有効なので、

2022年の1月から3月までに修行する。

1月から3月というところが肝心です。

この期間に行うことにより、切れ目なく維持できます。

 

デメリット

この方法には、一つデメリットがあります。

それは、毎年維持してる人はご存じでしょうが、

「サービスセレクション」が使えません。

上の写真で言う、サービス3ですね。

JAL サービスセレクション

パートナーにステータスを上げるとか、eJALポイントがもらえるとか、

例のやつです。

これさえ、あきらめれば維持可能です。

 

FOP1.5倍キャンペーンを活用せよ

ステータスメンバー限定で、達成した翌年度の好きな月をFOP1.5倍にできる

キャンペーンを行っています。

これを利用して、ウルトラ先得等の運賃で羽田→那覇を往復しまくれば、

ウルトラ先得は、早めに申し込めばだいたい1万程度なので、

得られるFOPは片道で、1476FOPです。

キャンペン中に飛べば、1.5倍なので、2214FOP

往復するので、4428FOP稼げます。

沖縄を18往復すれば、80000に限りなく近づくので、ダイア目指してもいいかもしれません・・・

クラスJや、ファーストが当日アップグレードで取れれば、さらに効率は上がります。

※上の値段は、一例です。

 

結構高いじゃん・・・

今までは、FOPだけの話をしてきましたが、なにか忘れていませんか?

そう、マイルです。

飛べば飛んだだけ、マイルが付与されます。

JGP修行って、JGCが無いとなれないので、JALカードと

「ツアープレミアム」を有効活用しましょう。

羽田→那覇を例にします。

通常は、区間マイル984ですが、ウルトラ先得は、75%なので、

738マイル付与されます。

これが、JGC+ツアープレミアムだと「1242マイル」です。

もちろん、クリスタル以上であれば、その分マイルも多いです。

継続時、JGPであれば、「1759マイル」も付与されます。

 

航空券を購入する際は、JALカードで買うと、100円につき、2マイル貯まります。

また、楽天リーベイツを経由して、JALの航空券を買うと、1%の楽天ポイントがバックされます。

以下のリンクから登録すると、楽天ポイント500ポイントがもらえます。

 

楽天リーベイツ

 

実質いくら?

では、東京→那覇を18往復したとして、いくらになるか、計算してみましょう。

航空券1区間1万として、18往復で、36万とします。

1回1242マイルx36回搭乗=44712マイル

36万を楽天リーベイツ経由でJALカードで購入

楽天ポイント3600ポイント

JALカードによる、マイル=7200

 

44712+7200=51912マイル

3600楽天ポイント

楽天ポイントは、ホテルやトラベルグッズに回すのもいいし、

ANAマイルにも交換できます。

5万マイルは、次回の航空券購入に使える、eJALポイント75000に交換できます。

36万から75000を引いた、285000円が2年間の維持費です。

年間15万切ってますね。

 

もっといい修行法もありますが、それはおいおい書いていきます。

 

 

 

JALマイルカテゴリの最新記事