GMAXをインストールしてみよう。~インストール編~

GMAXをインストールしてみよう。~インストール編~
JAL日本航空 先得

それでは、GMAXのインストールを始めましょう。

公式サイトにアクセスしてください。

 

TURBOSQUID

ここでは、4つのファイルをダウンロードします。

・gmax

・gmax12_help.exe

・gmax12_tutorials.exe

・library.exe

 

GMAX本体のインストール

gmax 19.2MBが本体なので、「FREE DOWNLOAD」をクリックし、

DLした「gmax12.exe」を起動して、「setup」を押すと、インストール画面になります。

 

「NEXT」をクリックしてください。

 

アメリカ以外に居住なので、「Other」であることを確認し、

「I accept」をクリックし、「Next」をクリックしてください。

 

インストール先を選択してください。

変更したい人は、「Browse」から、好きなフォルダを選んで、

そのままでよい人は、「Next」をクリックしてください。

 

インストールをしてもよいか?聞いてきますので、

「Next」をクリックしてください。

 

インストールが完了したので、「Finish」をクリックしてください。

 

ヘルプファイルのインストール

「gmax12_help.exe」を起動し、解凍先のフォルダ「Unzip to folder」が、

gmaxになっていることを確認し、「Unzip」をクリックします。

※なっていない場合は、「Browse」をクリックし、先ほどインストールしたGMAXの保存先を選んでください。

 

チュートリアルファイルのインストール

「gmax12_tutorials.exe」を起動し、解凍先のフォルダ「Unzip to folder」が、

gmaxになっていることを確認し、「Unzip」をクリックします。

※なっていない場合は、「Browse」をクリックし、先ほどインストールしたGMAXの保存先を選んでください。

 

ライブラリーファイルのインストール

サンプルのテクスチャーで、tempフォルダに保存されるようです。

「library.exe」を起動し、解凍先のフォルダ「Unzip to folder」が、

tempになっていることを確認し、「Unzip」をクリックします。

※私は、tempフォルダを変更しているので、このような表示ですが、

デフォルトは、「C:\Windows\Temp」などです。

 

ここまでで、GMAX本体のインストールは完了しましたが、

FSXで使えるようにするために、前回インストールしたFSXSDKのファイルが必要です。

ご覧になっていない方は、以下のリンクからどうぞ。

 

SDKのファイルをコピーする。

前回インストールしたSDKのフォルダを開いてください。

デフォルトでは、C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Microsoft Flight Simulator X SDK

SDK→Environment Kit → Modeling SDKの中に、「FSX_GmaxGamePack」を言うフォルダがありますので、

これをGMAXの以下のフォルダにコピーします。

C:\Program Files (x86)\GMAX\gamepacks

 

そのコピーした中にある、「FSX_GMax」を右クリックして、「送る」→「デスクトップ」で、

ショートカットを作成します。

 

このショートカットから、起動すると、FSX用にカスタマイズされた項目が追加されていますので、

「gmax」のアイコンからは起動しないようにしてください。

 

初回は起動すると、レジストリーキーを入力する画面が出てきます。

WEBで無料登録できますが、「Go to」をクリックしても、サイトがつながらないので、

以下のサイトにアクセスします。

 

登録サイト

TurboSquid — gmax Registration

 

gmax1.2の項目にある、「click here」をクリックします。

 

氏名、郵便番号、国を入力し、右下にある「SUBMIT」を、

クリックします。

 

登録が完了したら、黄色い部分に、レジストキーが表示されるので、

メモ帳などにコピーした後に、先ほどの、起動画面に入力します。

 

3Dドライバーは、何を使うか聞いてきますので、「OpenGL」を選択し、

OKをクリックしてください。

 

これで、起動しました。

 

GMAXが起動しない。

起動時の3Dドライバーを選択しても、エラーで起動しないことがありました。

 

FSX_GMaxGamePack内にある、「gmax.ini」ファイルを開き、

一番下の行に、

[WindowState]
GFXType =OpenGL

を追加してください。

これで起動しました。

 

インストール編は以上です。

ここから先は、私も勉強始めたばかりなので、ぼちぼち書いていきます。

 

最後に

GMAXをインストールするにあたり、下記のページを参考にさせていただきました。

GMAXで作成した、オブジェクトなども配布されており、設置すれば、これまで以上に

FSXが楽しくなると思います。

 

Local Japanese Flight Simulation Life in Fukui District

木下さん

Gmax_World

ひぐまさん

 

 

 

JAL 日本航空

オブジェクトカテゴリの最新記事