GMAXを使ってみよう~初期設定編~

GMAXを使ってみよう~初期設定編~

前回起動させる所まで書きました。

いきなりモデルを作り始める前に、

まずは初期設定をしましょう。

初回起動した画面は、最小限のツールバーしか表示されていません。

このあと、効率よく作成するため、ほかの方のサイトで勉強するときに、

??ってならないように、最初に以下の設定をしておくと後が楽です。

 

基本寸法の設定

インチ、フィート、マイル等いろんな単位がありますが、

主に使用するのはメートルです。

 

GMAXツールバーの「Custmize」→「Preferences」をクリックし、

 

「Preferences Settings」を開いてください。

「System Unit Scale」の項目で、1Unit=1.0 Metersになっていることを確認し、

なっていなければ、その通りにセットします。

 

背景画像のサイズ変更

基本サイズは512と256で、ちょっと小さいので、サイズ変更します。

「Preferences Settings」の「Viewports」を開き、

「Display Drivers」にある、「Configure Driver」をクリックします。

 

「Background Texture Size」を1024

「Download Texture Size」を512にします。

「OK」をクリックし、完了です。

 

タブパネルの表示

図形を作成するのに便利なツールバーがあるので、

それを表示させます。

「Customize」→「Show UI」→「Show Tab Panel」

 

すると、図形のツールバーが現れました。

 

表示レイアウトの変更

標準では、左上からトップ、フロント、左、見通しの順になっていますが、

好みに応じて変更できます。

 

Topなどの文字の上で、右クリックし、「View」で好きな場所を選んでください。

 

使用頻度の高いメニューをボタン化する

押し出し「Extrude」など、よく使うメニューをあらかじめボタン化しておきます。

 

右側の「Modify」をクリックし、

 

その下にある、「Configure Modify Sets」を開きます。

 

「Sets」が選択された状態なので、キーボードのDELかBackSpaceで削除し、

好きな名前を付けてください。

※このとき、画面のDeleteボタンは使用しないでください。

 

今回のボタン追加は、ひぐまさんのサイトを参考に追加しています。

左のメニューから、「Edit Mesh」を選択し、右の「Mesh Select」ボタンへドラッグアンドドロップしてください。

すると、ボタンが「Edit Mesh」に変わります。

 

同じ要領で、あと3つ追加しましょう。

「UVW Map」

「Unwrap UVW」

「Extrude」

「poly Select」はいらないので、逆にこのボタンを左メニューに、

ドラッグアンドドロップすれば、消えます。

最後に、好き名前を付けて、「Save」を押せば、保存されます。

 

再度、「Configure Modify Sets」を開き、「Show Buttons」をクリックすれば、

ボタンが表示されます。

 

ボタンがグレーアウトしていますが、有効化する方法はまた今度に。

オブジェクトカテゴリの最新記事