TileProxyで飛んでみる。

TileProxyで飛んでみる。
JAL 日本航空

FSXの追加ソフトで、風景を変える、シーナリーというものがありますが、

シーナリーは、日本語で言うと、風景

よく空港や大都市などは、有料・無料を問わず、作成されている方が見えますが、

小さい空港や、地方都市などは、デフォルトの状態で使用せざるを得ない時があります。

まずは、八尾空港上空で見比べてみましょう。

 

googlemapでの航空写真です。

これを覚えておいてください。

 

これは、FSXのシーナリー設定を最低にしたデフォルトの空港です。

滑走路ははっきり表示されていますが、ターミナルも無く、

周りもぼやけていて、どこだかわかりません。

 

標準的な設定

周りの景色は、見えるようになりましたが、とても大阪とは思えません。

ターミナルもまだ出てきません。

 

MAXの設定

すべての項目を最高にすると、ようやくターミナルが出てきます。

 

ビルや建物も増え、都会らしくはなりますが、日本ではありませんねw

 

そこで、有料ソフトのテクノブレイン社製の

「八尾空港&大阪市街」を導入してみます。

有料だけあって、空港内はすごく良いし、まわりにアベノハルカスなど、

3Dのオブジェクトなども多数増えて雰囲気はそれなりに楽しめます。

 

ですが、ちょっと離れると日本じゃなくなりますw

 

再びGoogleMAPの同じ位置です。

 

そこで、TileProxyという、googlemapの画像をFSXに取り込んで、

フォトシーナリーにしてしまおうと言う、夢のようなソフトをインストールして、

試していく手順を次回以降書いていきます。

 

ちなみに、デフォルトのFSXで、設定MAX+Tileproxyの八尾空港はこちらです。

 

キャッシュを溜めて飛ぶたびに、きれいになっていく仕組みで、

いろんな高度で飛べば、異なるズームの画像が溜まるということです。

 

それなら、テクノブレインの八尾空港とTileproxyを合わせれば最強と思ったのですが、

そういかず、八尾空港に含まれている市街地が上に来てしまい、全く意味がなくなってしまいます。

それは今度試行錯誤するとして、次回は導入を書いてみてたいと思います。

シーナリーカテゴリの最新記事