SamScene Osaka XCityを入れてみた。

SamScene Osaka XCityを入れてみた。

SamSceneから、Osaka XCityが発売されましたね。

大阪市街地は、すでにテクノブレインから出ていますが、2013年9月と

6年前の商品です。

インストールして、比較してみました。

インストールしている物

テクノブレイン

大阪国際空港

関西国際空港 ※今回あまり関係ないw

八尾空港&大阪市街

 

フリーソフト

shige様提供の「OSAKA_TB」

 

超高解像度フォトシーナリー 約36GB

 

そして、今回 「SamScene Osaka XCity」

 

良いところ

・新しい建物などが増えている。

・自動生成の建物の配置がきっちりしている。

・テクノブレインに比べて、動作が軽い。

・フォトが新しく、解像度が上がっている。

・夜間のライトアップなど

良くないところ

・テクノブレイン(以後、TB)と比べて、建物の精度が低い

比較すると、通天閣がわかりやすい

左がTB 右がsamscene

 

縮尺がおかしい&一番上がただの円筒になっている。

 

ただし、設置位置はSamsceneのほうが、正確です。

テクノブレインは、南にずれている・・・

 

そして、大阪城

そっと閉じましょう・・・w

 

なので私は、そのまま使用せず、いいとこ取りしています。

・地表は超解像度フォトですが、夜には真っ暗になってしまうので、

Samsceneの地表データを使用

・オブジェクトは、大阪城と通天閣以外SamsceneとTBとOSAKA Xを併用

 

問題点

建物がおかしいことを書いてきましたが、このアドオンには重大な欠点があります。

それは、TBの大阪国際空港を入れていると(ほとんどの人が入れていると思いますが・・・)

夜間の滑走路を含め、敷地内が赤く溶岩が噴出しているみたいに見えることから

「マグマ化」と言われていますw

 

夜の伊丹上空です。

写真提供:toapapa

 

まるで、血の池地獄ですね・・・

真っかっかです。

 

ネット上では、有志が修正ファイルを作成されて、フリーで配布されていますので、

入れてみてはいかがでしょうか。

するとこうなります。

写真提供:toapapa

 

修正された範囲内は、鎮火していますが、周りがまだ燻ぶっていますね・・・

 

いろいろ考えた末に・・・

そこで私は、Samsceneのフォト部分をすべて外し、超解像度フォトで夜間にしてみたら、

どうなるかやってみました。

 

撮影場所は、曽根駅上空1452feetです。

 

TB伊丹デフォの昼間

まあ、今まで通りです。

 

TB伊丹デフォの夜間

結構明るくて、マグマが発生していません。

いい感じです。

 

修正ファイルを入れたTB伊丹の昼間

滑走路脇の芝生が青々して、いい感じです。

 

修正ファイルを入れたTB伊丹の夜間

だいぶ暗くなってしまいました・・・

 

これは、昼と夜で、シーナリー分けたほうが良いですね・・・

昼は修正ファイルの状態で、夜はTBのままのほうがよさそうです。

 

ちなみに超解像度フォトとSamsceneのシーナリーどれぐらい違うか

比較してみました。

左が超解像度フォト 右がSamsceneのフォトです。

 

私はウルトラライトに乗っているので、高度が違いますが、

これだけ近くに降りても、一軒一軒区別がつきます。

 

外国のメーカーに負けずに、やはり日本のメーカー、個人の方に、作ってほしいですね~

 

 

 

 

シーナリーカテゴリの最新記事